全自動固相抽出システム Automatic Solid Phase Extraction System

ギルソン社の全自動固相抽出システム 『 Model GX-271 ASPEC / GX-274 ASPEC 』 『 Model GX-241 ASPEC 』 は、市販の固相抽出 (SPE: Solid Phase Extraction) カラムを用いたサンプルの濃縮、クリーンアップなどの固相抽出処理を完全自動でおこないます。 固相抽出処理の各プロセスを自動化することで、ヒューマンエラーを回避でき、高再現性を確保できるなどのメリットを享受することができます。
アプリケーション例 その1
PDF - 馬尿からの糖質コルチコイドおよび非ステロイド性抗炎症薬抽出の自動化 (GX-274 ASPEC を使用)


アプリケーション例 その2
無機固相抽出・全自動システム (大容量サンプル対応)

複雑な無機分析の前処理を自動化することで
  • ヒューマンエラー
  • 再現性の問題
  • 繰り返し作業による身体的負担
  • 有害物質の人体暴露
これらの問題を低減することができます。

腐食性の高い試薬を扱う無機分析の前処理でも耐蝕対策を施した自動分注システムを完備したこのシステムで自動化が可能です。また、サンプルロード用のポンプを用いることで大容量のサンプル処理にも対応可能です。

このアプリケーションの詳細につきましては、本ページ最下部「アプリケーションリスト」環境関連の「JIS K0102対応! 無機固相抽出・全自動システム応用事例 ~キレート樹脂を中心に~」をご覧ください。

主な機能

機能GX-241 ASPECGX-27x ASPEC利点/役割
GILSON 標準ラック使用可能使用可能さまざまな種類のラックを使用できる
エアー加圧方式YESYESSPE カラムから溶媒をパージする際にサンプルによるパージのされ易さの違いを最小化できる
ワークエリアへの溶媒設置設置可能設置可能溶媒に素早くアクセスできる
液面検知機能使用可能使用可能吸引時に溶媒に対してニードルが最小限の接触で済む
リンスポンプ オプション設置可能設置可能通常リンスとの併用でキャリーオーバーやコンタミネーションを低減できる
コンタクト信号の送信使用可能使用可能他の機器とベーシックな通信ができる
設置ラック2個5個-
設置面積 (平方メートル)0.160.32-
最大シリンジサイズ25 mL25 mL-
ガスによる乾燥やカラムからの押し出し使用可能使用可能抽出作業のスピードアップとリカバリーの向上
ダイレクトインジェクションモジュール-設置可能 (GX-271)自動的に HPLC などにインジェクションできる
トランスファーポート-使用可能 (GX-274)ワークエリアに無い別の溶媒にもアクセスできる
デュアルシリンジ-選択可能 (GX-271)大容量から小容量までより高精度にハンドリングできる
圧力センサーありありカラムカートリッジの詰まりを検知できる

固相抽出 (SPE: Solid Phase Extraction)

サンプルの濃縮 / クリーンアップなどの固相抽出処理のプロセス

① CONDITIONING
② LOADING SAMPLE
③ WASHING
④ ELUTING

● : Analyte
▲●■ : Interferences

エアー加圧方式

SPE カラムのトップにポリプロピレン製シールキャップを取り付け、溶媒吐出後にプローブを抜き取ってエアーを吸入します。 再度プローブを挿入し、エアーによる加圧によって溶媒を通過させます。

3種類の SPE ラックとアクセサリーキット

市販のシリンジバレルタイプ 1mL / 3mL / 6mL SPE カラムにシールドキャップを取り付け、固相抽出の各プロセスにおいて、各溶媒およびサンプルを吐出後、エアーを用いて加圧して完全にパッキング内を送液させます。 1サンプルで1回の抽出をおこなう標準モードに加えて、組成の異なる溶媒による抽出を行うマルチコレクションモードを装備しており、多段階抽出やメソッド開発に有効です。

ムービング ラック

固相抽出を全自動でおこなうために SPE カラムを設置するラックには特別なデザインがされています。 SPE カラムを載せる部分は可動で、SPE カラムのコンディショニング (初期化) ・ローディングサンプル・ウォッシングのプロセスはドレインキュベット上でおこない、最終のエリューティング (抽出) プロセス時に SPE ラックを移動してコレクションします。

高精度シリンジポンプ

GX-271 ASPEC, GX-241 ASPEC にはシングルシリンジモデル VERITY 4060 1台、GX-274 ASPEC にはデュアルシリンジモデル VERITY 4260 2台が標準装備され、シリンジサイズは 250µL / 500µL / 1mL / 5mL / 10mL / 25mL から選択できます。

VERITY は各シリンジライン毎に圧力センサーモジュールを装備しており、安定した送液やガス供給がおこなえます。

ダイレクトインジェクションモジュール

ダイレクトインジェクションモジュールは、固相抽出処理後の HPLC オンライン分析を可能にします。 インジェクションポートとバルブとの間のデッドボリューム最小化によりサンプルループへのローディングに先立つフラッシュ容量低減を実現、微量サンプルの無駄を最小限に抑えるインジェクションが可能です。

ソルベントリザーバー ラック

ラックを配置するベッドスペースの後方に GX-271 ASPEC / GX-241 ASPEC はソルベントリザーバー (500mL / 700mL) 用ラックを5個セット設置 (GX-241 ASPEC は特注ラックにより 100mL リザーバー6個設置可能) でき、各種溶媒のリキッドハンドリングを可能にします。

リンスステーション と リンスポンプ

リンスステーションは、低キャリーオーバーを実現するため工夫された構造をしています。 オプションのリンスポンプを併用すればより効率的にリンス工程を進めることができます。

GX-271 ASPEC / GX-274 ASPEC / GX-241 ASPEC 基本仕様

GX-271 ASPEC / GX-274 ASPEC / GX-241 ASPEC 基本仕様
本体・外寸法 GX-271 ASPEC : 597 (W) x 541 (D) x 571 (H) mm
GX-274 ASPEC : 597 (W) x 541 (D) x 571 (H) mm
GX-241 ASPEC : 390 (W) x 500 (D) x 515 (H) mm
シリンジポンプ・外寸法 VERITY 4060 : 146 (W) x 171 (D) x 295 (H) mm
VERITY 4260 : 226 (W) x 171 (D) x 295 (H) mm
制御ソフトウエアー サンプラーソフトウエアー TRILUTION® LH

アプリケーションリスト

このぺージの先頭へ戻る