HOME 製品情報細胞・分子生物・生化学オートマティックインキュベーションシステム クイック製品ナビを表示する

オートマティックインキュベーションシステム Automatic Incubation System

インタビス社のオートマティックインキュベーションシステム「BioLane HTI 16V」は、In-situハイブリダイゼーション※や免疫組織化学、ブロット、ゲル染色における面倒なルーチン作業を自動で行えるシステムです。2種の独立したシステムを併せ持つこのシステムは、それぞれ個々のプロトコルを同時に処理が行えます。冷却と加熱バッファーを含む異なる溶液を最大16種類まで使用でき、インキュベーション時間と正確な温度コントロールにより再現性よく処理が行えます。

全自動免疫染色/全自動ブロットサンプル染色/セミオートISH

◆ in-situハイブリダイゼーション※や免疫組織化学の自動処理が可能
◆ 複雑なプロトコルも再現性よく処理が可能
◆ 多彩なアプリケーションに対応
◆ 2種の異なるプロトコルの同時処理が可能
◆ 1トレイにつき48サンプルまでを処理可能
◆ Windows CEベースの内蔵PDAコントロール
※:in-situハイブリダイゼーションでは、プローブの添加およびハイブリダイゼーションのステップはマニュアル処理になります。

BioLane HTI 16V のアプリケーションレンジ

BioLane HTI 16V基本仕様

バッファー冷却 4℃:50 mLまたは125 mL x 4本
バッファー加温 70℃:500 mL x 3本または1,000 mL x 2本
バッファー数 16ポジション
バッファー容量 冷却ポジション:1 mL〜50 mL/125 mL
加温ポジション:5 mL〜500 mL
インキュベーション 7〜70℃
外寸法/重量 460W x 420D x 320H mm/36 kg
in-situラック ミディアムバスケット:9 mm ID、53 µm Mesh、8/20/40ウェルプレート(PP)
ラージバスケット:13 mm ID、53 µm Mesh、6/12/24ウェルプレート(PP)
ブロットラック 10 mmフレーム:80 x 85 mm、135 x 85 mm、205 x 140 mm
26 mmフレーム:135 x 87.5 mm、70 x 87 mm、65 x 42 mm

このぺージの先頭へ戻る