バイオマーカー探索 Biomarker Research

臨床診断の場ではバイオマーカーが果たす役割の重要性が注目され、様々な疾患に対するバイオマーカーを探すことはサイエンスにおける大きな研究テーマのひとつとなっています。バイオマーカー探索の研究は日々進歩しており、研究手法についても、より迅速に、より簡単に、より堅牢性が高いものが求められています。 バイオマーカー探索の手法としては、免疫組織化学(Immunohistochemistry)、インサイチューハイブリダイゼーション(in situ hybridization)、次世代シークエンサーなどの技術(genomics technologies)、抗体アレイ(antibody arrays)、プロテオーム関連技術(proteome)などがあります。

バイオマーカー探索の研究に関連する機器


組織サンプルのプレパレーション
Covaris 社:
組織サンプルのプレパレーションに関連する Covaris 社 からの提案
組織サンプルの凍結から破砕、抽出までのワークフロー


Bertin 社: ビーズ式ホモジナイザー Precellys
Bertin 社: ビーズ式パーソナルホモジナイザー Minilys

次世代シークエンサーの前処理
Covaris 社: DNA 断片化システム M220
Covaris 社: アコースティックソルビライザー S220, E220

インサイチューハイブリダイゼーションの自動化
Intavis 社: オートマティック in-situ ハイブリダイゼーションシステム InsituPro VSi

組織・ゲル染色、ブロッティングなど インキュベーションの自動化
Intavis 社: オートマティック インキュベーションシステム BioLane

ゲル内消化の自動化(ケラチンフリー)
Intavis 社: オートマティック ダイジェスチョンシステム DigestPro MSi

このぺージの先頭へ戻る