ディストリマン Continuously Adjustable Repetitive Pipette

ピペットマンで世界のリキッドハンドリングフィールドをリードするギルソン社から、微量モデルでは世界初の容量連続可変式のディスペンサー”ディストリマン(DISTRIMAN)”が発売されました。
ピストンが直接サンプルに接して吸入・吐出を行うポジティブディスプレイスメント方式で、高粘度溶液や高濃度溶液、界面活性剤やオイルおよびクリーム類などのハンドリングが行えます。

簡単設定・連続分注

容量連続可変式なので、シリンジサイズとダイアルの換算表などは必要ありません。
一本のディストリマンで、3種類のシリンジチップが使用でき、1.0 µL〜1.25 mLまでの容量で連続分注が行えます。シリンジチップには滅菌済みパッケージも用意されています。

キャリブレーション不要

ディストリマンのメカニカル精度は恒久的なもので、製造工程および品質管理工程で厳密な調整が行われているので、キャリブレーションやルーチンメンテナンスは不要です。

容量連続可変方式

ディストリマンは、ピペットマン(PIPETMAN)やマイクロマン(MICROMAN)同様、分注容量は連続可変方式です。
使用容量範囲に適したシリンジチップを装着し、 ①シリンジチップサイズセレクターで選択します。 ②シリンジチップサイズ表示で確認します。 ③容量表示ウインドウにシリンジチップサイズに対応した容量範囲が表示されます。 ④容量設定リング(ロック式)で希望する分注容量を設定します。
グリップ背面のレバーを押し上げて薬液を吸入し、プッシュボタンを押し下げることで薬液を分注できます。

※一般的な連続分注器では、使用するシリンジチップのサイズと切替式のピストンストロークとの組合せ方式で、分注容量は固定されます。

直読ディジタル表示で換算不要

分注容量連続可変のディストリマンでは、使用するシリンジサイズに対応してディジタル表示されます。面倒なダイアル設定とシリンジチップサイズとの換算は不要です。

低ランニングコスト

ディストリマンとディストリチップで1.0 µL〜l.25 mLの分注範囲をカバーします。しかも、ディストリチップはたったの3種類で、収納スペースをとりません。

仕様・価格情報は、左サイドメニューの「仕様・価格」をご覧ください。

このぺージの先頭へ戻る