サンプリングインジェクター Sampling Injectors for HPLC & LC/MS

ギルソン社のオートサンプリングインジェクターは、Model GX-271 LHリキッドハンドリングシステムをベースとし、サンプルの移し替えや分注・希釈・薬品添加など、実験で行われる様々な液体操作を自動で行うことができます。反応系の自動化においては、反応試薬や停止液の添加などの液体操作と共に時間管理が可能で、人為的なミスや誤差をなくし、信頼性・再現性に優れたデータが得られます。
高精度Model 402シリンジポンプとダイレクトインジェクションモジュールにより、サンプルロスやキャリーオーバーが最小限のパフォーマンスを発揮します。

サンプルロス最小のインジェクション - Direct Injection Module -

ギルソン社独自のダイレクトインジェクションモジュールは、ロケットバルブの採用によりサンプルインジェクションの際のサンプルロスやキャリーオーバーが最小限に抑えられます。

低キャリーオーバーのプローブリンス - Rinse Station & Rinse Pump -

低キャリーオーバーでなおかつ使用溶媒量が少なく、所要時間も少ない画期的なジェットウォッシュリンス方式です。リンスポンプと複数のリンスステーションを用いれば複数溶媒でのリンス作業にも対応します。

高精度液体操作 - Model 402 Syringe Pump -

Model 402シリンジポンプはステッピングモーター駆動の送液システムで、0.1 mL / 0.25 mL / 0.5 mL / 1.0 mL / 5.0 mL / 10 mL / 25 mLシリンジが装着可能で、アプリケーションに応じて交換できます。

連続送液システム - GX Solvent System -

GX Solvent Systemは、6ポートセレクションバルブと吸入・吐出を連続して実行するシリンジレス送液システムで構成され、溶媒の切り替えと安定した送液を可能にします。アナリティカル仕様は500 nL/min.~5 mL/min.、プレップ仕様は50 µL/min.~50 mL/min.での送液が可能です。

システムソフトウェアー  - TRILUTION™ LC Software -

TRILUTION™ LC ソフトウェアーは、すべてのギルソン社製GSIOC制御のモジュールをすべてサポートしており、既存のシステムへのモジュール追加や、アプリケーション変更に伴うシステム再構築の際のアップグレードにも対応します。
特にPrepHPLC の性能をフルに発揮するためにデザインされ、サンプルのムダを最小限に抑えるフレキシブルな設定制御が必要です。
グラフィカルユーザーインターフェースを持ち、微妙な条件設定も簡単に実現できるよう、配慮された設計となっています。

製品仕様

本体・外寸法 GX-271 LH : 596 (W) x 539 (D) x 570 (H) mm
送液ポンプ・外寸法 402 Syringe Pump : 170 (W) x 201 (D) x 239 (H) mm

このぺージの先頭へ戻る