HOME 製品情報細胞・分子生物・生化学オートマティック in-situ ハイブリダイゼーション クイック製品ナビを表示する

オートマティック in-situ ハイブリダイゼーション Automatic in-situ hybridization System

生殖細胞から組織への発生過程では、何百もの遺伝子が定まった時期および場所で活性化されなければなりません。遺伝子活性化が始まるとまず最初に遺伝子から転写されたmRNAが現れ、このmRNAは標識プローブによって検出できます。
色々な組織の発生を分子レベルで行う研究において、mRNAの発現の場を検出するためには、in-situハイブリダイゼーションを行う必要があります。
組織全体についてin-situハイブリダイゼーションを行う方法は、Whole Mountと呼ばれ、多数のバッファーや反応試薬を加えてインキュベーションする必要があり、非常に時間を必要とする仕事です。
最近の分子生物学では、テストすべきプローブ数が解明すべき疑問とともに増えつつあります。新しいテクニックであるRandom in-situ hybridizationでは、並行して処理しなければならないサンプル数が膨大になります。

InsituPro VS / VSiの自動化ステップ

■ プローブの作成+試料の調製(マニュアル)
■ 再水和処理
■ 浸透化(Proteinase K処理)
■ 後固定
■ プレハイブリダイゼーション
■ ハイブリダイゼーション
■ ブロッキング(DIG抗体処理)
■ 発色(マニュアル)

InsituPro VSi Applications

切 片 試 料

シロイヌナズナの胚珠の 縦断切片
東京大学 大学院理学系研究科生物科学専攻
生体制御研究室
今村千琴様・澤進一郎先生・福田裕穂先生

ヒャクニチソウの芽生えの 茎頂の横断切片
東京大学 大学院理学系研究科生物科学専攻
生体制御研究室
今村千琴様・澤進一郎先生・福田裕穂先生

ホールマウント

メダカのホールマウントin-situハイブリダイゼーション
Marcel Souren and Jochen Wittbrodt, EMBL Heidelberg, Germany.

鶏胚のホールマウント in-situ ハイブリダイゼーション
理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター
感覚器官発生研究チーム 初期発生研究チーム
Raj Ladher先生・Goujun Sheng先生・Yuko Oneda様・Yuping Wu様

標準仕様

Specifications
ワークエリア スモールバスケット(5 mmID)x 60個用
ミディアムバスケット(9 mmID)x 60個用
ラージバスケット(13 mmID)x 32個用
スライド(75 x 25 x 1 mm/76 x 26 x 1 mm)x 60枚用
試 料 サ イ ズ 0.05〜12 mm(ホールマウント、ビブラトーム)
75 x 25 x 1 mm/76 x 26 x 1 mm(スライドガラス)
温度調節範囲 6℃〜75℃(バスケット)/室温〜75℃(スライド)
使用バッファ数 試薬用:18本/プローブ用:60本
バッファ温調 冷却:2本(50 mL)/加熱:2本(250 mL)
操作容量範囲 100〜1,600 µL
コントロール Windows™ベース・GUIソフトウェアー
外 寸 法/質 量 570 (W) x 500 (D) x 690 (H) mm/62 kg

ホールマウント用バスケット
◆スモールサンプル用:内径 5 mmバスケット (Medaka, Drosophila, Xenopus and small vibratome sections)
◆ミディアムサンプル用:内径 9 mmバスケット (Chicken, Mouse and medium sized vibratome sections)
◆ラージサンプル用:内径 13 mmバスケット (Vibratome sections and large specimens)

スライドガラスホルダー
◆標準スライドガラス:75 x 25 x 1 mm/76 x 26 x 1 mm (Vibratome sections and thin sections on standard microscope slides)

アプリケーションリスト

このぺージの先頭へ戻る