コラーゲン細胞キャリア COLLAGEN CELL CARRIER (CCC)


Viscofan BioEngineering 社 (ビスコファン バイオエンジニアリング) のコラーゲン細胞キャリア (CCC) は、その特殊な性質と、研究開発 (R&D) 用の品質グレードでの提供可能という利点により、複雑な細胞や組織構造物の培養・作製に最適な材料となります。 (注:日本では 2016年現在 医療用には供給されません)

特徴

CCC は、天然コラーゲン Type I 線維から作製され、化学的架橋は生じません。
この特有の in vivo に類似した構造により、通常は培養が困難な細胞であっても
接着と培養が促進され、組織形成が加速されます。
化学的・物理的性質 細胞培養 品質
機械的に安定で弾力性がある 細胞培養においては分解性を示さない ウシ皮膚由来コラーゲンType I
化学的に安定 初代培養細胞に適する BSEリスクが無視できる国由来の
医療用品質の原料使用
化学的クロスリンク無し 30を超える細胞種の検査で
きわめて良好な結果
ASTM F 2212-02 に準拠した品質管理
-175~+50°Cで熱安定性 優れた生体適合性を実証済み 医療用グレードで提供可能
(日本では医療用には供給されません)
超極薄 (20 µm) 大半の可溶性因子に対する透過性 ISO 9001 認証
自家蛍光はほぼ生じない 高い細胞密度を達成可能 γ線滅菌処理済み


用途

○ 研究開発用アプリケーションに最適

このコラーゲンマトリックスは、再生医療・組織工学などの分野での研究開発アプリケーション用として優れた細胞キャリアです。

機械的安定性が優れていることにより、例えば細胞-マトリックス構造を保ったまま宿主組織へ移植する際や、生物学的、化学的および組織学的な詳細解析に適用する際などの扱いが容易になります。

細胞が接着状態のキャリアは標準的な固定試薬で直接処理可能で、パラフィン包埋やクライオスタット、ミクロトームを用いての超極薄組織学的切片の作製にも適しています。 また、凍結保存も可能です。

位相差顕微鏡では、CCC の天然コラーゲン線維は平坦に接着した細胞の直接観察を妨げます。 一方 CCC は薄く (20 µm 未満) かつ自家蛍光がほぼ生じないため、コラーゲン膜上の細胞を生細胞用蛍光マーカーやその他の蛍光マーカーで直接染色し、倒立型落射蛍光顕微鏡を用いても容易に観察することが可能です。

継代細胞の継代や細胞懸濁液の調製 (フローサイトメトリー用など) の場合は、標準的な剥離手順を用いて CCC から接着細胞をはがすことができます。

免疫蛍光染色CCC は, 極薄の半透膜で自家蛍光はほぼありませんので、培養細胞の蛍光顕微鏡による観察にも適しています。 細胞を播種したウェル中の CCC 上でそのまま細胞の固定、および染色をおこなうことが可能です。

組織学的解析CCC 上の細胞の固定は、パラホルムアルデヒド、緩衝ホルムアルデヒド、グルタルアルデヒド、アセトン、メタノールなどのすべての標準的な固定プロトコルによっておこなうことができます。 固定した細胞の付着した CCC はそのまま凍結が可能であり、また、パラフィンやエポキシ樹脂 (EPONなど) に包埋し、それぞれクライオスタットまたはミクロトームで切片を作製することができます。 さらに、CCC は電子顕微鏡を用いた研究にも適しています。

移植CCC は、in vivo での生体適合性に優れています。 標的組織によっては多くの実験において移植後数週間で CCC の分解が観察され、重篤な免疫反応はみられませんでした。

染色による細胞の代謝解析CCC 上での細胞生存性は、Viscofan BioEngineering 社 推奨プロトコルに従って、染色法 (テトラゾリウムベース ) を用いて観察することができます。


製品詳細

CCC は、純粋なウシ由来未架橋コラーゲン Type I から作製された無菌のコンパクトな非多孔質 (ただし、可溶性因子に対して透過性を有する) 膜で、細胞培養に使用できます。 細胞培養用のマルチウェルプレートまたはディッシュ用に特別に成形されたディスク形状で提供されます。 50 x 50 mm または 150 x 100 mmフォーマットタイプについては、いずれの細胞培養容器にも使用できるように、滅菌したはさみやメスを用いてお客様それぞれの要件に従いご自身で切断することが可能です。

CCC は、乾燥無菌状態で個別に包装されて提供されます。 細胞を播種する前に CCC を細胞培養用ウェルプレート底部に可逆的に付着させる必要があります。 その際、接着因子は不要です。 確実に CCC をウェルに適切に付着させるために、推奨するユーザープロトコルを使用してください。

標準サイズからオーダーメイドサイズまで

CCC は、6 - 96 well の標準ウェルプレートでの使用に合わせて様々なサイズで作られています。
さらに Viscofan BioEngineering では、大判の角形コラーゲン膜や 10 cm ディッシュ用にも供給いたします。
また、いずれのコラーゲン膜も必要に応じて滅菌したはさみやメスを用いてお客様ご自身で容易に切断でき、様々な細胞培養容器で使用することが可能です。

保存について

未開封の CCC は、密閉包装の状態で 15 - 25°C の乾燥した暗所で保存してください。
保存期間:製造後5年



アプリケーションリスト

このぺージの先頭へ戻る