Twitter Facebook Instagram YouTube
Now Loading...

Now Loading...

Precellys / Minilys エマルジョンキット Emulsion Kit

抗体作製やワクチン開発・免疫療法・自己免疫疾患などの研究にご活用ください。

早い。簡単。労せず高品質なエマルジョンが得られます 。

Emulsion kit(エマルジョンキット)は、 Bertin Instruments 社(バーティンインスツルメンツ) のビーズ式ホモジナイザー「Precellys」・「Minilys」を用いてエマルジョンを作製するための製品です。試料溶液の入ったチューブをホモジナイザーにセットし、合計2分間振動させるだけで高品質なエマルジョンを得ることができます。抗体作製時の抗原とアジュバンドの混合や遅延型過敏反応 (Delayed type hypersensitivity, DTH)などの研究にご活用いただけます。

日々のアジュバント・抗原混合作業を効率化 ~さらば、腱鞘炎

良好な免疫応答性や再現性を得るためには、アジュバントと抗原を十分に混合して作製された高品質なエマルジョンを実験動物に注入する必要があります。従来、この混合作業は2つのシリンジをつなぎ合わせて人の手で攪拌する2-シリンジ法、またはボルテックスミキサーなどの混合器を用いて行われてきましたが、これらの手法は時間と手間がかかる作業であり、再現性がとれないなどの問題が生じることもあります。

Emulsion kit(エマルジョンキット)を用いた場合、抗原とアジュバンドをチューブに添加しビーズ式ホモジナイザーに設置するだけで高品質なエマルジョンを得ることが可能です。常に一定の条件で混合するため、いつでもどなたでも高品質なエマルジョンを得ることが可能です。

明視野顕微鏡 (倍率 x 400) での観察像: 各手法で作製したエマルジョン

ロスが少ない効率的なデザイン



エマルジョンを作製したチューブにインジェクション用のシリンジを直接装着することが可能です。エマルジョンの移し替えが不要となることで高価な原料を無駄なく使用できるだけではなく、空気の混入リスクを低減できるなど、当キットはエマルジョン作製後の工程にもメリットをもたらします。

当キットで解決できます

  • 混合に15分要し、最後の方は固くなり強く押す必要あり、手が痛くなる。
  • 混合作業を終える最適なタイミングが良くわからない。
  • シリンジの取り付けを失敗するなどして、空気が混入してしまうことがある。
  • シリンジの先端が飛んでしまい、サンプルを無駄にしてしまうことがある。
  • 混合が不十分で相分離してしまう。エマルジョンの質が悪くなってしまう。
  • 作業者によって得られるエマルジョンの質がまちまちになってしまう。

2-シリンジ法だと…

  • 混合時間が長い。混合力が足りず、エマルジョンの生成がうまくいかない。
  • 混合作業を終える最適なタイミングが良くわからない。
  • エマルジョンの質の再現性がとれない。
  • エマルジョンを移し替える際の空気の混入や相分離によりエマルジョンの質が落ちてしまう
  • チューブ内壁にエマルジョンが付着し、貴重なサンプルをロスしてしまう。