Twitter Facebook Instagram YouTube
Now Loading...

Now Loading...

サポート

FAQ

液体窒素凍結保存容器

Thermo ScientificTMブランドの液体窒素凍結保存容器についてお客様から寄せられた質問に対して説明いたします。
”質問”の部分をクリックすると”答え”が表示されます。


ローケータープラスシリーズを用いてサンプルを気相保存できますか? また、その方法を教えてください。

気相保存が可能です。

<推奨方法>
① ラックの下から2段目までのサンプル保存用ボックスを取り出します。
② ラックの下から2段目を目安に、液体窒素を充填します。
③ 保存中は、液体窒素がローケーターの底から常に1インチ(2.54cm)以上となるよう、必要に応じて液体窒素を充填してください。
* ローケータプラスシリーズは底から1インチ(2.54センチ)以上の液体窒素があれば、容器内を-150℃に保つことができます。

開封/設置後初めて使用する際の液体窒素の充填方法を教えてください。

空の容器に液体窒素を充填する場合には下記の手順に従って操作してください。

① 少量の液体窒素(2~10リットル)を加え、蓋をした状で最低 2 時間静置します。
② 少量(バイオケーン:2~10 リットル。ローケーター15L)の 液体窒素 を追加し 48 時間静置します。
空の容器に大量の液体窒素を入れると急激な温度変化により本体の劣化を早める場合がございます。①、②の手順を厳守して下さい。
③ 必要な量の液体窒素を加えます。この時、キャニスターやラックの挿入に伴い液面の位置が変わることに注意して下さい。
④ キャニスターなどの出し入れの際には、液体窒素を完全に流れ落とすようゆっくり操作してください。

ローケータープラスやバイオケーン内部のクリーニング方法を教えてください。

液体窒素を取り除いた後、エタノールまたは次亜塩素酸ナトリウム水により拭き取ることを推奨しています。
オプション品であるCryoclawや火ばさみを用いて薬液をしみこませたペーパータオルなどで拭き取る、もしくはエタノールをスプレーで吹き付けたのち、乾いたペーパータオルで拭き取ってください。

ローケータープラスに対応するクライオボックスを教えてください。

ローケータープラスの標準付属ラックは、Thermo Scientific NalgeneのSystem100 Cryobox(品番: 5026-1010, 10×10本立)向けに制作されています。
上記クライオボックスの寸法は133 mm×133 mm×52 mmです。