Twitter Facebook Instagram YouTube
Now Loading...

Now Loading...

疎水性相互作用カラム Proteomix® HICシリーズ Sepax Hydrophobic Interaction Chromatography series

ADC をはじめとしたタンパク質、オリゴヌクレオチド、
およびペプチドの高分離専用にデザイン

セパックステクノロジーズ社のポリマー系疎水性相互作用クロマトグラフィー用カラム Proteomix®HICシリーズは、ADC をはじめとしたタンパク質、オリゴヌクレオチド、およびペプチドの高分離専用にデザインされています。
Proteomix®HICシリーズの樹脂は、狭い粒径分布が特長のノンポーラスポリスチレンビニルベンゼン(PS/DVB)を素材として、独自の表面処理技術が施されています。 上図に示すように、樹脂表面にはサンプルとの疎水性相互作用を生ずる官能基(Ethyl / Propyl / Butyl / Phenyl)を配しています。
Proteomix®HICシリーズの樹脂は高剛性かつ安定しており、シリカベースの HIC カラムと比較して幅広い pH 適用範囲(pH2~12)と耐熱範囲(上限80℃)を持つため、高熱安定性サンプルの分離には特に威力を発揮します。
狭い粒径分布とノンポーラス樹脂という条件は、ADC(Antibody Drug Conjugate)や関連タンパク質、DNA、オリゴヌクレオチドの分離に特徴的な選択性を与えます。 Proteomix®HIC は、ラボ内研究活動における数mgの精製クロマトグラフィースケールからkgの生産スケールまで適応します。

Proteomix HIC シリーズの特長

Proteomix HIC シリーズカラムは PS/DVB樹脂をベースに、化学結合された表面コートにより高い安定性を実現しています。 硫酸アンモニウム、酢酸ナトリウム、リン酸、トリスなどの水系移動相や、アセトン、メタノール、アセトニトリル、THF と水との混合移動相にも適合します。 25mMリン酸ナトリウム緩衝液 pH7.0 を移動相に用いた条件では 400回のサンプルインジェクション、または 3か月の使用では、劣化はほとんど僅かなものに留まっています。 樹脂表面ケミストリーはその製造工程において厳密にコントロールされているため、下図の3種ロットにおける ADC 分析データの比較例が示すように、ロット間における高いデータ一貫性を示します。

全ラインナップによる標準タンパク質の分離比較

Phenyl、Butyl、Ethyl、Propyl の各官能基による分離パターンを、標準タンパク質(Ovalbumin、Chymotripsinogen)を用いて比較しています。